お気に入りに登録

【連載】苦手克服応援企画【心電図】

不整脈の看護|検査・治療・看護のポイント

解説 曽原 寛

葉山ハートセンター 不整脈センター部長

監修 曽原 寛

葉山ハートセンター 不整脈センター部長

Shindenzu1 min  1

【目次】

※「治療が必要な不整脈」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


不整脈とは

通常安静時心拍数は、成人でおよそ1分間約60~100回の規則的なリズムで拍動しています。
何らかの原因により拍動が異常になる病態を不整脈といいます。

すべての不整脈に治療を必要とするわけではなく、健康な人の期外収縮(脈が飛んだり、ドキッとする)などは治療の必要はありません。

治療が必要な不整脈には、大きく分けて以下の2種類があります。

  • 著しく脈が速くなる(頻脈)⇒頻脈性不整脈
  • 脈が遅くなる(徐脈)⇒徐脈性不整脈

頻脈と徐脈の定義は心拍数で判断し、徐脈は60回未満/分、頻脈は100回以上/分です(表1)。
頻脈や徐脈の発作の範囲になくても、患者さん本人が大変苦しそうにしているなどの、症状の程度で治療の必要性を判断します。

表1 頻脈と徐脈の目安頻脈と徐脈の目安の表

>> 続きを読む