お気に入りに登録

【連載】苦手克服応援企画【心電図】

心筋梗塞の心電図|4段階の波形の変化とは?

解説 曽原 寛

葉山ハートセンター 不整脈センター部長

監修 曽原 寛

葉山ハートセンター 不整脈センター部長

Shindenzu1 min  1

急性心筋梗塞時の経時的な波形の変化について解説します。


急性心筋梗塞時の経時的な波形の変化

急性心筋梗塞の心電図では、以下のような経時的な波形の変化がみられます。

特徴的なのは、心筋壊死を示すとされる異常Q波や冠性T波、STの変化です。また、12誘導の波形の異常から、梗塞した部位がわかります(下表)。ただし、梗塞のごく初期では、心電図はまだ正常を示すことがあります。また、心内膜下梗塞では異常Q波がみられないこともあります。
なお、心筋梗塞狭心症など虚血性心疾患では、不整脈がみられやすく、場合によっては心室細動(VF)を起こすことがあり注意が必要です。

1段階目 発症直後~数時間

  1. T波増高
  2. ST上昇

急性心筋梗塞時の経時的な波形の変化(1段階目 発症直後~数時間)

2段階目 数時間~12時間後

  1. 異常Q波
  2. R波の高さの1/4以上の深さかつQ波の幅が1mm以上

急性心筋梗塞時の経時的な波形の変化(2段階目 数時間~12時間後)

>> 続きを読む
ページトップへ