お気に入りに登録

【連載】苦手克服応援企画【心電図】

心電図でみる房室ブロック(AVブロック)の波形・特徴とは?

解説 曽原 寛

葉山ハートセンター 不整脈センター部長

監修 曽原 寛

葉山ハートセンター 不整脈センター部長

Shindenzu1 min  1

房室ブロック(AVブロック)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。


関連記事
心電図でみる洞不全症候群(SSS)の特徴
心電図でみる心房粗動(AF/AFL)の特徴
不整脈の看護|検査・治療・看護のポイント

心電図でみる房室ブロック(AVブロック)の特徴

房室ブロックは重症度によって5つに分けられます。波形を見ながら、違いを知っておきましょう。

I度

心電図でみる房室ブロック(AVブロック)の特徴(I度)

PQ間隔の延長

Ⅱ度ウェンケバッハ型

心電図でみる房室ブロック(AVブロック)の特徴(Ⅱ度ウェンケバッハ型)

PQ間隔が徐々に延長し、P波がQRS波につながらなくなるが元に戻り、PQ間隔も短くなる

モビッツⅡ型

心電図でみる房室ブロック(AVブロック)の特徴(モビッツⅡ型)

QRSが突然なくなる

高度房室ブロック

心電図でみる房室ブロック(AVブロック)の特徴(高度房室ブロック)

モビッツII型で2対1、3対1の房室伝導比となるもの

Ⅲ度房室ブロック(完全房室ブロック)

心電図でみる房室ブロック(AVブロック)の特徴(Ⅲ度房室ブロック(完全房室ブロック))

P波とQRS波がまったく無関係に現れている

>> 続きを読む
ページトップへ