お気に入りに登録

【連載】苦手克服応援企画【心電図】

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴とは?

解説 曽原 寛

葉山ハートセンター 不整脈センター部長

監修 曽原 寛

葉山ハートセンター 不整脈センター部長

Shindenzu1 min  1

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。
この記事では、解説の際PVCで統一いたします。


心電図でみる心室期外収縮(PVC)の特徴

単発

心電図でみる心室期外収縮(PVC)の特徴(単発)

2段脈(調律とPVCが交互にみられる)と3段脈(洞調律2回に対し、PVC1回、もしくはその逆の繰り返し)もみられる

多源性(多形性)

心電図でみる心室期外収縮(PVC)の特徴(多源性)

形の異なる期外収縮が現れる。注意を要する波形

2連発

心電図でみる心室期外収縮(PVC)の特徴(2連発)

単発よりも2連3連と連続する数が多くなれば、危険度も高くなる

>> 続きを読む