【連載】逝去時のケアを極める

逝去時のケア【クレンジングと保湿編】

執筆 野島 陽子

地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 皮膚・排泄ケア認定看護師

逝去時のケアの方法とポイントについて解説します。今回は【クレンジングと保湿ケア】についてです。


▼エンゼルケアについて、まとめて読むならコチラ
エンゼルケア(逝去時ケア)とは?目的・手順など


主なクレンジングと保湿ケアの手順

手順1 洗浄剤できめ細かな泡をつくり、その泡を顔全体に塗布します。また、クレンジングクリームやオイルを使用してもよいでしょう。

【理由】

 通常の洗浄剤や石けんは泡になって初めて洗浄効果を発揮します。また、きめ細かな泡をつくると皮膚の上に乗せるだけで、毛穴のすみずみまで洗浄成分が届いて汚れを浮かし、さらには洗い流しや拭き取りも簡単になります。

手順2 塗布後はタオルで押さえ拭きします。

【理由】

 摩擦刺激により皮膚表面に傷をつける可能性があるため、皮膚の負担にならないよう押さえるように拭き取ります。

手順3 顔上のぬめりが除去されたら保湿ローションをたっぷり塗布します。

【理由】

 ご遺体に著明にみられる乾燥を予防するため、たっぷり保湿剤を塗布します。

ご遺体の乾燥について

 ご遺体の乾燥は何もしなくても起こります。特に、眼・口唇・鼻など、臥位になった際に一番上側にくる部位は、重力に従い水分が下へと移動するため、余計に乾燥しやすくなります(下図)。

 その際、鼻の先は細く萎縮、口唇は萎縮(生前の半分程度の厚さ)、眼や口は萎縮によって開いてしまうなどが生じます。この状態を想像してもわかる通り、生前とは全く異なる顔になってしまい、もう元に戻すことはできなくなります。

 乾燥予防は必ず行わなければならないケアであり、誰でも、どこにいてもできるケアなのです。

主なクレンジングと保湿ケアの手順

(『ナース専科マガジン』2015年2月号から改変利用)

ページトップへ