お気に入りに登録

【連載】逝去時のケアを極める

逝去時のケア【創部ケア編】

執筆 野島 陽子

地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 皮膚・排泄ケア認定看護師

577b73bc09b7fc98fca5aa780d36d8961

逝去時のケアの方法とポイントについて解説します。今回は【創部ケア】についてです。


1.CV、胃瘻抜去部、気管切開孔、潰瘍、褥瘡など

本来は患部の蛋白質を固定することが重要であり、ステリハイドやホルマリンなどで創部を洗浄し、密閉することが特に望ましいといわれています。

しかし、これら薬品を使用する際は、徹底した完全防御が必要であり、準備や片づけに時間を費やすだけでなく、やはりご家族に特別な印象をもたらすことになります。

そのため、当センターではアルコール系の薬剤を使用しています。

アルコール系の消毒薬は蛋白質があると効果が著しく低下するため、洗浄剤と湯を使用して十分洗浄を行い、蛋白質汚れや滲出液などの体液を取り除いてから使用しています。

また、凝固剤入りの綿を起用しているので、口腔・鼻・肛門等にお詰めし、残った分を創部に当てるもしくは充塡し、上からフィルム材で密閉しています。

>> 続きを読む