お気に入りに登録

【連載】血液ガスの基礎知識とアセスメント

酸素分圧とは? 体内に取り込まれる酸素の計算の仕方

解説 南雲秀子

湘南厚木病院 看護師長/米国呼吸療法士(RRT) / 保健医療学修士(MHSc) 日本呼吸ケアネットワーク 理事

Gas0

みんなが苦手とする血液ガス分析。この連載では、Q&A方式でわかりやすく解説します。今回は「酸素分圧」について取り上げます。

Q2. 酸素分圧って何ですか?

酸素分圧とは大気中に含まれる酸素の圧力です。

大気中の酸素の割合はおよそ21%なので、乾燥した状態での酸素分圧は

「1気圧(760torr)×0.21≒160torr」です。

体内における酸素分圧の変化

呼吸に伴う加温(37℃)・加湿(100%)によって酸素分圧が変化します。

37℃の水蒸気圧は47torrなので、「(760-47)×0.21≒150torr

しかし、動脈血液ガスの酸素分圧の正常値が80~100torrであることから、肺胞内に取り込んだ酸素がすべて血液中に取り込まれるのではないということが推測できます。

肺胞内には体から放出された二酸化炭素も存在します。

二酸化炭素(正常値:40torr)が運ばれてきて肺胞に放出されると、酸素の占める割合がその分だけ減り、肺胞気酸素分圧は110torrとなります。

さらに、肺胞から動脈血に移動するときに10torr程度のロスが生じるため(肺胞動脈血酸素分圧較差:A-aDO2)、PaO2は100torrが正常値となります(図3)。




次のページでは「分圧とガス交換」「酸素化と拡散障害」「二酸化炭素と拡散障害」について解説します。