お気に入りに登録

【連載】逝去時のケアを極める

エンゼルメイクの8つのプロセス

解説 小林光恵

エンゼルメイク研究会 代表

Mitue

577b73bc09b7fc98fca5aa780d36d8961

エンゼルメイクの8つのプロセスについて解説します。


1.クレンジング・マッサージ

亡くなられた患者さんは長期安静などにより洗顔をしていない場合があり、皮膚に汚れが付着しています。

クレンジングクリームを使って、清拭だけではとれない皮脂などの汚れを優しく取り除きます。

このとき、マッサージをするようにして行うと、顔のこわばりがとれて穏やかな表情になります。

クレンジング・マッサージの手順

  1. 適量のクリームを手に取り、人肌に温めてのびやすくしてから顔、耳、首にのせる
  2. 顔の中心から外側に向かって、ゆっくりと螺旋を描きながらクリームをのばす
  3. できるだけ筋肉の走行を意識してマッサージする。汚れが蓄積しがちな小鼻、耳は念入りに行う
  4. 皮膚を傷つけないように、ティッシュペーパーで静かに押さえ、油分を吸収させる

2.保湿

皮膚は急激に乾燥するので、十分な保湿が重要になります。

また、蒸しタオルで顔を温めると、蛋白質や皮脂などのクレンジング効果が高まります。

保湿の手順(下図)

  1. 蒸しタオルで顔と耳、首を覆い、皮膚にタオルが接するように、手のひらで全体を静かに押さえる
  2. タオルが冷たくなる前にタオルを外し、マッサージの方向に準じて顔を優しく拭う
  3. 手のひらに乳液(化粧水+クリーム、化粧水+乳液でも可)を取り、顔全体に塗布して保湿する

3.ファンデーション(下図)

皮膚の乾燥防止、変色のカバー、血色の補整を目的に、できるだけ生前の肌色に近い状態にします。

ファンデーションは、油分が多く含まれるクリームタイプのものを選択します。

ファンデーションの手順(下図)

  1. 粒大の肌色ファンデーションを手の甲に取り、赤みのあるファンデーションまたは練りチークを混ぜて肌色をつくる
  2. 首のあたりで色合いを確認し、色が決まったら指先でよく練る
  3. 少量ずつ顔にのせ、指の腹またはスポンジで顔全体に優しくなじませる
  4. 耳や首にもなじませる

4.フェイスパウダー

化粧崩れを防ぐために、パウダーを塗ります。均等に塗布するためにはブラシがお勧めです。

フェイスパウダーの手順(下図)

  1. ブラシにパウダーを取る
  2. 顔全体、クリームファンデーションをなじませたすべての部分に均等にのせる
  3. 耳と首にもパウダーをつける

>>次のページでは「チークカラー」~「リップ」までの手順を解説します。