【連載】苦手克服応援企画【心電図】

心電図でみる心房粗動(AF/AFL)の波形・特徴とは?

解説 曽原 寛

葉山ハートセンター 不整脈センター部長

心房粗動(AF)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。


▼不整脈の看護について、まとめて読むならコチラ
不整脈の看護|検査・治療・看護のポイント


心電図でみる心房粗動(AF/AFL)の特徴

2:1伝導

心電図でみる心房粗動(AF/AFL)の特徴(2:1伝導)
のこぎりの歯のような基線になります。これを心房粗動波(F波)と呼びます。F波は上向きとは限らず、下向きの場合もあります。

4:1伝導

心電図でみる心房粗動(AF/AFL)の特徴(4:1伝導)
4つの心房粗動波ごとにQRS波が1つ生じます。

心房粗動(AF/AFL)の特徴についてまとめました。

どんな不整脈?

 正常時は洞結節で発生する電気的興奮が心房内で発生し、規則正しく心房内を旋回して、決まった頻度で心室に伝導されます。
 以下の2つの伝導があります。

 1. 2:1伝導・・・心房の興奮が2回のうち1回房室結節を通過する
 2. 4:1伝導・・・心房の興奮が4回のうち1回房室結節を通過する

 電気的興奮が房室結節を通過すると心室が興奮するので、2:1伝導では頻脈になります。そのため、心拍数が著しく増加し生命に危険を及ぼす場合は、電気的除細動など救急治療が必要です。

最新の心房粗動治療

 右心房性の場合、カテーテルアブレーションによる根治可能でよく実施されています。

どんな危険がある?

 1. 高度な頻脈になる危険性

危険なサイン

 1. 心電図上で見られるのこぎりの歯のようなF波
 2. 伝導する割合の増加(2:1伝導など)
 3. 頻脈、動悸、胸痛などの症状

主な症状

 1. 動悸、胸痛
 2. 頻脈(110~140回/分程度)

主な原因

 1. 加齢
 2. 心疾患
 3. 高血圧
 4. 急性リウマチ熱
 5. 甲状腺中毒症
 6. その他(薬物、外傷、手術など、原因不明な例もある) 

主な治療

 1. 発作予防として、抗不整脈薬による薬物治療
 2. カテーテルアブレーションによる根治治療

(『ナース専科マガジン』2010年1月号から改変利用)

ページトップへ