お気に入りに登録

【連載】冬の多発疾患を極める!

心筋梗塞の看護ケアのポイント

解説 平井美里

東邦大学医療センター大森病院 救急看護認定看護師

Roujin sinzouhossa

心筋梗塞とは、冠動脈の閉塞による虚血性心疾患の一つです。気圧や気温の低いときが最も発症率が高く、なかでも朝から午前中にかけて起こりやすいといわれています。


【目次】

※「入院時の対応とポイント」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


心筋梗塞はこんな疾患

●冠動脈の閉塞による虚血性疾患の一つ。
●一定時間、心臓への血流が途絶えることで心筋細胞が壊死した状態。
●発症した人のおよそ半数が、発症する数週間前に、狭心症による胸痛発作などの前駆症状を起こしている。
●30分以上持続する紋扼感、圧迫感を伴う激しい胸痛、冷汗、悪心・嘔吐、呼吸困難などの症状がみられる。
●心不全、ショック、重症不整脈、心破裂など、致死率の高い合併症が起こることがある。
●心音は多くの場合、Ⅰ・Ⅱ音が減弱するので、聴診ではⅢ・Ⅳ音が聴取される。
●心電図では、STの上昇とT波の増高がみられる。

ケアの流れを確認しよう

ケアの流れ説明図

POINT
●血液検査、心電図検査、冠動脈造影検査などにより早期の鑑別診断が重要
→致死的不整脈への対策と再灌流療法による梗塞の拡大を防止
●治療後は安静を保ち、段階的に心臓リハビリテーションを開始
→再梗塞の予防

>> 続きを読む
ページトップへ