お気に入りに登録

【連載】酸素の上げどき?下げどき?

SpO2 100%であれば、安心なのか?

執筆 和足孝之

Mahidol University, Faculty of Tropical Medicine.

895a5cdd313e06d2c7b6ec791b523376

何でも100点を取ったほうがよいと教えられたのは、筆者の小学生の頃。100という数字に対する目に見えない喜びと安心感は感覚的に染み込んでいるモノですね。

病棟で「SpO2は100あるのですが・・・」などの発言が聞かれれば、注意が必要です!

まずは、SpO2100の意味するところを呼吸生理学的に簡単に見てみましょう。


SpO2100%であれば安心というわけではない

日本の青柳卓雄先生が開発したパルスオキシメーターは医学の歴史において画期的な大発明でした。

いわゆる経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)をリアルタイムで簡易に計測できるようになったのは、たかだか数十年の話のことです。

それまでは、体内の酸素化を呼吸数、爪や唇や皮膚の色(チアノーゼ)、採血時や手術中の血液の潜血色で判断していたのです。

とても便利なこのパルスオキシメーターで測定するSpO2には注意が必要です。

医師はその注意点も理解した上で酸素指示を出しています。

まずSpO2とPaO2とはどう違うのでしょうか?

これはレジデントの先生もよく混乱しているので、一度まとめておきましょう。

>> 続きを読む