お気に入りに登録

【連載】がん副作用ケアを極める!

【がん治療の副作用】悪心・嘔吐はなぜ起こる?どう防ぐ?

解説 吉田久美子

神奈川県立がんセンター がん化学療法看護認定看護師

悪心は主観的な感覚であるため、不快さの度合いや症状の現れ方には個人差があります。

出現リスクをアセスメントし、予防的な関わりを行っていくことが大切です。


悪心・嘔吐の要因を知る

悪心・嘔吐が出現した場合は、以下のような要因が考えられます。

  1. がん化学療法を行っている
  2. 放射線治療を行っている
  3. 催吐性リスクの高い抗がん剤を使用している
  4. がんの進行による消化管機能低下がある
  5. 病期が進んでいる
  6. 鎮痛薬や抗生物質、気管支拡張薬などを使用している
  7. 不安感が強い
  8. つわりや乗り物酔いなどの強い吐き気の体験がある

がん化学療法の場合

出現の時期、持続時間、要因によって次の3つに分類され、抗がん剤の種類や投与量、組み合わせなどによって発現率が変化します。

  1. 急性
  2. 遅発性
  3. 予期性

また、がん化学療法による悪心・嘔吐は、一般的に男性よりも「女性」、高齢者よりも「50歳未満の若年者」、「妊娠時のつわり体験のある人や乗り物酔いをしやすい人」に出現しやすい傾向があるといわれています。

放射線療法の場合

照射部位と範囲によって発現率が変化します。

放射線治療の催吐性リスクの分類

放射線治療の催吐性リスクの分類

続いては、がん化学療法におけるアセスメントについて解説します。
>> 続きを読む

ページトップへ