【連載】がん副作用ケアを極める!

3段階除痛ラダーに基づいた鎮痛薬の使用方法【がん疼痛ケア】

解説 古矢尚子

神奈川県立がんセンター 緩和ケア・患者支援部 緩和ケアセンター がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛に対する薬物療法は、WHOの「3段階除痛ラダー」にもとづいて行われます。 除痛に関する基礎的な内容をまず理解し、実践に活かしていきましょう。


3段階除痛ラダー

第1段階:非オピオイド鎮痛薬

非オピオイド系鎮痛薬は、頭痛などに対しても使われる一般的な鎮痛薬です。

常用量を超えても鎮痛効果が増強することはなく(=有効限界がある)、副作用だけが強く出てしまうため、鎮痛効果が得られない場合はオピオイド鎮痛薬を追加します。

徐痛ラダーのどの段階においても用いられます。

第2段階:弱オピオイド鎮痛薬

第2段階では、コデインなどの弱オピオイド鎮痛薬が用いられ、必要に応じて非オピオイド鎮痛薬を併用します。

第3段階:強オピオイド鎮痛薬

第3段階では、モルヒネなどに代表される強オピオイド鎮痛薬を用い、必要に応じて非オピオイド鎮痛薬を併用します。

3段階除痛ラダー

3段階除痛ラダー

ラダーで用いられる主な鎮痛薬

ラダーで用いられる主な鎮痛薬

続いては、「鎮痛補助薬とは?」「レスキュードーズとは?」です。

鎮痛補助薬とは?

鎮痛補助薬は、第1段階~第3段階を通して用いられます。薬自体に鎮痛効果はありませんが、非オピオイド鎮痛薬やオピオイド鎮痛薬と併用することで鎮痛効果を高めるのが特徴です。(ex.抗うつ薬、抗てんかん薬、抗不整脈薬、NMDA受容体拮抗薬、副腎皮質ステロイド、抗不安薬)

レスキュードーズとは?

がんの症状変化にともなってオピオイド鎮痛薬が不足したときや、突発的に痛みが強くなったときに、臨時で使用する薬です。

基本使用薬剤と同一成分の「速放性オピオイド鎮痛薬」が用いられます。

(『ナース専科マガジン』2012年12月号から改変利用)

ページトップへ