お気に入りに登録

【連載】輸液ケアを極める!

混注による配合変化、3つの危険と2つの原因

解説 松久 和子

大垣徳洲会病院 看護部長

薬剤の配合変化について解説します。


混注による配合変化、3つの危険と2つの原因

薬剤と薬剤と混ざることによって「配合変化」が起こる場合があります。

配合変化が起こると以下のような3つの危険があります。

  1. 白濁・結晶の出現
  2. 力価の低下
  3. 副作用

配合変化を起こす原因としては以下のような2つがあります。

>> 続きを読む
ページトップへ