お気に入りに登録

【連載】伝える技術

安静度に納得していない患者さんへの対応

解説 寺崎 和代

福井大学医学部附属病院 北4病棟・看護師長

A98b1120712ae2558c294773114e59b3

療養上の注意点から治療へのインフォームドコンセントまで、看護師が患者さんに何かを伝えなければならない場面は多いもの。

それだけに 「うまく伝えられなかった・・・」という経験も多いことでしょう。

ここでは、ナース専科コミュニティ会員へのアンケートから実際に起こった「伝わらなかったケース」を紹介。どこが問題だったのかを一緒に考えてみます。


今回の相談

自分では歩けると思っていますが、医師から車椅子介助の指示が出されている患者さんがいます。

トイレや検査室への移動時には、車椅子で行くため看護師を呼んでくださいと伝えたら、「私は歩けるのに」と怒ってしまいました。どう伝えればよかったでしょうか?

1.看護師自身が安静の必要性を理解する

まず、看護師自身が患者さんの安静の必要をきちんと理解していたでしょうか。

つまり「なぜ歩いてはいけないのか」が正しくわかっていなければ、患者さんには伝わりません。

私は「伝える力」は「理解する力」だと思っています。

理解できていなければ、形ばかりの言葉になってしまい、伝えたいことを説得力をもって相手に伝えることはできません。

したがって看護師がまず、なぜ医師からそのような指示が出されたのか、常に根拠をきちんと理解したうえで患者さんに説明する姿勢が大切です。

2.患者さんの先の行動を予測して、ひと言つけ加えておく

患者さんのなかには、医師からの指示は知っていたけれども自分は歩けるし、看護師が忙しいときに、わざわざナースコールして車椅子でトイレまで連れていってもらうことが「申し訳ない」と遠慮し、自分で歩いてトイレに行ってしまう方もいます。

>> 続きを読む