お気に入りに登録

【連載】現場で使える!英会話1分間レッスン

痛みのアセスメントを英語でするには?(3)特別編

執筆 佐藤まりこ

米国RN(Registered Nurse)


外国人患者さんに英語で対応できる? アメリカの医療現場で実際に使われている、患者さんにもすんなり伝わる簡単な医療英語をマスターしよう!


今回は、アメリカのEMR(Electric Medical Record=電子カルテ)をもとに、アメリカの医療者が実際に使っている痛みアセスメントのLocation(体の部位)をまとめました。

これさえ覚えておけば「どこが痛いですか?」と質問するのも怖くない! “Medical English虎の巻:痛みのアセスメントLocation 編”を紹介します。

さて、みなさんは頭の先からつま先まで英語でどれくらい言えるでしょうか?

次ページからは、体のLocationをまとめて紹介します。

ページトップへ