お気に入りに登録

【連載】月刊 小林光恵新聞

月刊 小林光恵新聞【第10号】カンゴサウルスを、もっと話題に!

執筆 小林光恵

エンゼルメイク研究会 代表

Mitue

A2 150x150

看護師、出版社編集者を経てフリーの著述家に。看護の経験を活かした作品を中心にリリースしている。『おたんこナース(原著、小学館)』、『ドラマ・ナースマン(原案小説、角川書店)』『エンゼルメイクQ&A(医学書院)』など。
ホームページはこちら

今月は、カンゴサウルスを、もっと話題に!と、「突撃! ナースの里帰り⑩」をお送りします。

第9回 復職の呼びかけで重要な「ウェルカムの雰囲気」 はコチラ


小林光恵の視点

日本看護協会には、カンゴサウルスという恐竜がいます。看護職のワークライフバランス推進を応援するマスコットキャラクターです。

恐竜は長い間栄えたあとに絶滅しましたが、環境の変化に適応した恐竜の仲間は、のちに鳥類として生き残ったといいます。そのイメージをいかし、看護職の「繁栄」と「変革」のシンボルとして創出されたのが「カンゴサウルス」のようです。

日本看護協会は「ワーク・ライフ・バランス推進カンゴサウルス賞」(看護職のWLB推進ワークショップ事業に参加し、3年間取り組みを続けた医療施設とそれを支援した各県看護協会の努力を表彰)を設けて、全国の各施設を表彰しています。

受賞した施設では授賞式の模様を広報誌などに掲載し、さらにインターネットにもアップしていることが多く、そこにカンゴサウルスが写りこんでいますので、見たことない方はぜひご確認ください。人間よりやや大きい、ピンク色の、恐竜の姿をしているのが彼女(彼?)ですから。

賞を受けた施設には、賞状とともに記念品としてカンゴサウルス人形が贈られるので、その人形の写真か実物を見た方は多いかもしれませんね。

また、日本看護協会では、カンゴサウルスのイラスト57点のデータをダウンロードして各施設で自由に活用できるようにしています。

並々ならぬ、力の注ぎ方ですね。

>> 続きを読む
ページトップへ