お気に入りに登録

在宅医療での多職種連携―訪問薬剤師って?―

Np 218772 icon2

在宅医療では多職種との連携が必要ですが、どんな職種にどんな業務をお願いすべきかわからない看護師も多いと思います。看護師を対象に在宅医療についてアンケートを実施した中で質問が多かったのが、“訪問薬剤師”の役割です。

アンケート集計グラフ

訪問薬剤師ってどんなことをしてくれるの?

通院が困難な患者に対して、医師の指示のもと、医療・介護保険制度を利用して、患者宅へ訪問して、薬の説明や管理、のみ方の指導など、「薬の専門家」として療養や治療のお手伝いをしている薬剤師を“訪問薬剤師”と呼びます。

訪問薬剤師が解決してくれること

在宅医療の現場に関わる医療従事者の悩みとして

  1. 「患者宅に訪問したけど必要な医療材料が揃っていない」
  2. 「医療材料や麻薬などのデッドストックが気になる」
  3. 「他科受診で服薬の数が多くて管理が大変」

などということがあります。

これらの多くの問題は在宅医療の経験豊富な薬局・薬剤師が入ることで解決できます。

例えば、在宅医療で必要なIVHや麻薬の持続皮下注射に必要なチューブや針などの医療材料は、在庫をもたない診療所も多いため、訪問看護師が患者宅に伺った際に医療材料が足りなくて困った、という問題も薬局が入ることで必要な医療材料はセットにして輸液や麻薬と一緒に供給するということができます。

また、独居で認知症患者の場合などは、薬剤師が見守りチームの一員としてヘルパー・看護師が入らない曜日に患者宅に伺い、服薬状況や患者の様子をみることもできます。

実際にケアマネジャーは、薬剤師と上手く連携しており、薬ののみ忘れや渡し忘れ(高齢者住宅管理で)を 防止するための方法を薬剤師からアドバイスをもらったり、服薬管理を薬剤師に依頼することで、薬の服用量が原因で発生している症状や、処方内容が変更になった時にどの時点から変更するのかなど、薬剤師だから気づけることを医師に疑義照会をしてもらったりと現場のチームの一員として仕事を依頼しています。

どうやって連携する訪問薬剤師を見つけるの?

高齢化社会が進む中、これまで以上に在宅医療が必要となる患者が多くなると予想されますが、まだまだ在宅訪問を積極的に行っている薬局も多くはなく、在宅訪問が可能な薬剤師がいる薬局を探すのは難しい状況です。

現在、在宅医療の現場で活躍している方、また今後を考えていつでも相談できる薬剤師を見つけておきたいと考えた方は、「訪問薬局ナビ」で患者宅に一番近い薬局を探せます。是非活用してみてください。

「訪問薬局ナビ」 http://pharma-navi.net/