お気に入りに登録

【連載】看護に役立つ生理学

第17回 誘導酵素と逸脱酵素とは? ALTとASTを理解しよう

執筆 梵天ゆとり(ぼんてん・ゆとり)

医師、日本医学放射線学会会員

AST(GOT)・ALT(GPT)といえば、肝機能検査の中でも真っ先に思いつく項目でしょう。両者はいずれも「酵素」と呼ばれる、生体の化学反応を助ける役割を果たすタンパク質です。

今回はこれらの酵素がどのような原因で異常値を来すのか学び、酵素そのものの生理的な機能についても理解を深めましょう。


【目次】


肝臓は生体の化学工場

肝臓は一言で言えば、「生体の化学工場」です。

食物から得られたさまざまな物質(栄養素)は、肝臓で分解され、蓄えられ、必要なものは合成されて、全身の需要に応えます(下図)。従って、これらの化学反応(代謝)に不可欠なさまざまな酵素を、肝細胞が豊富に有していることは全く不思議ではありません。

ASTやALTの場合、その活躍の場は主として細胞内ですが、そのごく一部が細胞外に漏れ出て、健常時には低い血中濃度を保っています。何らかの原因によって、この血中濃度が変化(特に上昇)すると、異常所見として私たちの目に触れることになります。

肝臓説明イラスト

このほか にもさまざまな代謝が行われていますが、すべてを理解する必要はありません。

誘導酵素と逸脱酵素

代謝にかかわるおのおのの化学反応は、生体の状況によって活性を変化させる必要があります。

>> 続きを読む
ページトップへ