お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランスと輸液

体液(体内水分)の役割

解説 三宅 康史(みやけ やすふみ)

昭和大学医学部 救急医学講座 教授 昭和大学病院 救命救急センター長

Np inout2 icon

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。


水と電解質は不可分の関係

人体は体重の約60%が水分(体液)で占められています。そのうち、40%は細胞内に、残りの20%は細胞外液として、細胞間質(間質液)に15%、血管内(血漿)に5%存在しています。

細胞内液はエネルギー代謝など細胞が機能するための環境を、細胞外液はその細胞が正常に機能するための内部環境を形成しています。

NP\_218938\_fig1

水と電解質の機能

体液の組成は主に水と電解質、そしてブドウ糖、蛋白質、尿素などの非電解質です。

その中で水は、

  1. 酸素や栄養、老廃物などを溶かす「溶媒」としての機能
  2. その溶かされた「溶質」を全身に届ける「運搬」の機能
  3. 比重が高いことで体温変動を抑え、水と電解質は不可分の関係体温の上昇時には発汗によって体温を下げる「体温調節」の機能

を果たしています。

これに対して電解質は、

  1. 細胞内外の浸透圧の調整
  2. 神経細胞や筋肉細胞の多種多様な働きに関与し、身体の恒常性を維持

を果たしています。

水と電解質はどちらも生命を維持するうえで重要な役割を担っていますが、実は水はそのままでは体内にとどまることができず、電解質と一緒でなければ体内に保持することができません。
一方の電解質も細胞膜を自由に行き来することができず、選択されたものだけが能動的に細胞内外を移送されていきます。
つまり水と電解質は、溶かすもの(溶媒)と溶かされるもの(溶質)としてだけでなく、互いに補完し合いながら、それぞれの機能を発揮しているわけです。

次ページは、電解質について解説します。