お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランスと輸液

【IN/OUTバランス(水分出納)】1日当たりどのくらいの水と電解質量が必要?

解説 三宅 康史(みやけ やすふみ)

昭和大学医学部 救急医学講座 教授 昭和大学病院 救命救急センター長

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。


【関連記事】
* 【不感蒸泄・尿・便】 人が1日に喪失する電解質と水の量
* 【体液量】体液はどのようにバランスを保っているのか?
* 細胞外液と細胞内液とは?役割と輸液の目的


1日当たりの水と電解質量は、排泄量と同量と考えると推測ができます。

水分の出納バランスは摂取量 ≧ 排泄量

体内水分のIN/OUTバランスは、水の摂取量と排泄量が同じ(ゼロバランス)であることで保たれます。
つまり、そのバランスを保つために必要となる最小水分量は、その1日の排泄量を下回らない量ということになります。
ただし、体内には細胞がエネルギー代謝などを行う際に生じる代謝水(体重当たり5mL)があるので、その分を差し引かなければなりません。したがって、1日の必要水分量は、
尿量 + 便 + 不感蒸泄 - 代謝水
によって求めることができます。

一般に身体機能に異常がない人の場合、1日の排泄量は、尿量1,500mL、便200mL、不感蒸泄900mLといわれています。これを代謝水350mLとして上記の式に当てはめると、
1,500+200+900-350=2,250
です。

よって1日に必要な最小水分量はおよそ2,250mLということになります。
ただし、1日の水分排泄量は患者さんの状態によって異なり、算出にはそれを考慮する必要があります。
例えば、発熱や高温環境により不感蒸泄量が増えたり、喉頭の疾患や意識障害により十分な飲水が行えずに経口摂取量が減少したりするからです。なお、便については測定が難しいので100~200mLとし、不感蒸泄については次の式で概算を求めることができます。

  1. 成人の場合:15 mL×体重kg
  2. 15歳以下の場合:(30-年齢)mL×体重kg

電解質もゼロバランスが基本

電解質も体内水分と同じように、恒常性を維持するためにIN/OUTはゼロバランスになります。したがって、定常状態においては、尿中に含まれる電解質量を下回らない量が必要な電解質量になります。
1日に必要な主要な電解質量は、体重60kgの人の場合おおよそ、Na:87.5mEq、Cl:87.5mEq、K:50mEqで、だいたい3号液5本分に相当します。
説明イラスト
ちなみに、塩1gに含まれるNaは17mEqで、1日に6gの塩分を摂取すると102mEqのNaを摂取したことになります。しかし、経口の場合にはそのすべてが体内に吸収されるわけではないことも知っておきましょう(一部は便中にそのまま排泄されます)。

【関連記事】
* 電解質とは?身体のしくみと電解質異常
* 輸液管理で見逃しちゃいけないポイントは?

(『ナース専科マガジン』2015年6月号から改変利用)

ページトップへ