お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランスと輸液

【IN/OUTバランス(水分出納)】1日当たりどのくらいの水と電解質量が必要?

解説 三宅 康史(みやけ やすふみ)

昭和大学医学部 救急医学講座 教授 昭和大学病院 救命救急センター長

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。


1日当たりの水と電解質量は、排泄量と同量と考えると推測ができます。

水分の出納バランスは摂取量 ≧ 排泄量

体内水分のIN/OUTバランスは、水の摂取量と排泄量が同じ(ゼロバランス)であることで保たれます。
つまり、そのバランスを保つために必要となる最小水分量は、その1日の排泄量を下回らない量ということになります。
ただし、体内には細胞がエネルギー代謝などを行う際に生じる代謝水(体重当たり5mL)があるので、その分を差し引かなければなりません。したがって、1日の必要水分量は、
尿量 + 便 + 不感蒸泄 - 代謝水
によって求めることができます。

一般に身体機能に異常がない人の場合、1日の排泄量は、尿量1,500mL、便200mL、不感蒸泄900mLといわれています。これを代謝水350mLとして上記の式に当てはめると、
1,500+200+900-350=2,250
です。

【関連記事】
* 【不感蒸泄・尿・便】 人が1日に喪失する電解質と水の量

>> 続きを読む
ページトップへ