お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランスと輸液

水・電解質のバランス異常を見極めるには?

解説 三宅 康史(みやけ やすふみ)

昭和大学医学部 救急医学講座 教授 昭和大学病院 救命救急センター長

解説 飯野 靖彦(いいの やすひこ)

日本医科大学名誉教授

Np inout2 icon

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。


水・電解質のバランス異常を見極めるには?

水・電解質のバランス異常を補正するには

体液バランスの異常が疑われるとき、それが過剰な状態なのか、欠乏している状態なのかの見極めが重要です。

体液量が過剰な場合は、まず利尿薬を使用して余分な水分を体外に排出させて、治療のための薬剤や栄養を投与するスペースをつくります。

ただし、腎不全の患者さんでは、利尿薬の効果なく心不全や肺水腫を併発していることもあるので、その場合は緊急透析の適応となります。

体液量が減少している場合は、何が、どこから、どの程度失われているのかを判断し、輸液によりそれを補います。

>> 続きを読む
ページトップへ