お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランスと輸液

5%ブドウ糖液、生理食塩液の違いとは?

解説 飯野 靖彦(いいの やすひこ)

日本医科大学名誉教授

解説 三宅 康史(みやけ やすふみ)

昭和大学医学部 救急医学講座 教授 昭和大学病院 救命救急センター長

Np inout2 icon

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。


関連記事
5%ブドウ糖液と生理食塩液の役割って?
第11回 生理食塩水の0.9%という濃度

5%ブドウ糖液と生理食塩液

血漿の浸透圧とほぼ等しい(等張)濃度にするために、5%ブドウ糖液には水に5%のブドウ糖と、生理食塩液には水に0.9%(154mEq/L)の塩化ナトリウム(NaCl)がそれぞれ添加されています。

5%ブドウ糖液

水を補給するのに、なぜ5%ブドウ糖を入れるのでしょう?

ブドウ糖は血液の中に入るとすぐに代謝され、エネルギーとなって水(自由水という)と二酸化炭素に分解されます。

いったん血管内から細胞外に分布された水は、細胞外液の浸透圧が下がることで、細胞内液へと移動します。

そして、体液の分布比率に準じて、細胞内に2/3、細胞外に1/3の割合で分布されます。

だから5%ブドウ糖液は、単純に細胞内と細胞外に水を補充するのに適しているのです。

生理食塩液

>> 続きを読む