お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランスと輸液

リンゲル液とは? 1号液~4号液はそれぞれどう違う?

解説 三宅 康史(みやけ やすふみ)

昭和大学医学部 救急医学講座 教授 昭和大学病院 救命救急センター長

解説 飯野 靖彦(いいの やすひこ)

日本医科大学名誉教授

Np inout2 icon

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。


リンゲル液とは?

生理食塩液にはNaとClが添加されていますが、KとCa2+を添加して、より細胞外液(血漿)の電解質組成に近づけたのがリンゲル液です。

電解質組成がNa<Clが特徴で、出血性ショックや熱傷、手術時、代謝性アシドーシスの治療に適応がありますが、最近ではほとんど用いられません。

その理由は、リンゲル液には血漿にあるHCO3が含まれていないからです。代わりにClが大量に入っています。

そこで、HCO3の代わりに乳酸イオンや酢酸イオンを加え、Clの総量を押さえたのが、乳酸リンゲル液および酢酸リンゲル液です。

乳酸リンゲル液・酢酸リンゲル液

HCO3は体内での酸塩基平衡を維持する物質で、乳酸や酢酸は代謝されるとHCO3になるため、体内でアルカリ化剤として機能します。

「・・・酸リンゲル液」はNa>Clが特徴であり、等張液の中では、最も細胞外液の電解質組成に近くなっています。ただし、肝障害の患者さんでは乳酸代謝ができず、乳酸リンゲル液の使用によって乳酸性アシドーシスを招くことがあります。

そのため最近は、代謝性アシドーシスを伴う体液低下例でより細胞外液組成に近い、重炭酸イオンを加えた重炭酸リンゲル液も使われています。

生理食塩液やこれらのリンゲル液は血漿浸透圧と等しいために「等張液」と呼ばれますが、その作用から「細胞外液補充液」とも呼ばれます。

細胞外液を補充する輸液製剤

※次は、ソリタ®などの1号液~4号液を解説します。
>> 続きを読む

ページトップへ