お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランスと輸液

「周術期」への輸液療法|インアウトバランスから見る!

解説 小島 直樹(こじま なおき)

公立昭和病院救命救急センター

Np inout2 icon

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。


体内ではこんなことが起きている!

周術期では手術による侵襲に加えて、その前後でさまざまな環境や状態に置かれるので、体液バランスに異常が生じます。

例えば、術前では絶飲食での脱水傾向、術後では滲出液による体液喪失などが挙げられます。

また、術後は手術侵襲や痛み、炎症、ストレスなどによって抗利尿ホルモン(ADH)の分泌が亢進されることで、腎臓での再吸収が促されて尿量が減るほか、サードスペースが出現することで水分移動が生じます。

ここでは、周術期に特徴的なサードスペースへの喪失を中心に解説します。

>> 続きを読む