お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランスと輸液

「腎不全」への輸液療法|インアウトバランスから見る!

解説 垂水 庸子(たるみ ようこ)

昭和大学病院総合内科(ER)

Np inout2 icon

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。


体内ではこんなことが起きている!

急性腎不全には、腎血流量の低下によって起こる腎前性と腎臓自体が障害されている腎性、尿路など腎臓以降に問題のある腎後性があります。

ここでは、腎前性と腎性の急性腎不全でのIN/OUTバランスについて説明します。

腎前性急性腎不全の場合

基本的には、循環血液量が不足し、血管内の水分もしくは水分とナトリウムが不足した状態です。そのため、腎臓に十分な血液量が行き渡らなくなっています(腎血流量の減少)。

原因としては、脱水が多く、ほかにショックなどによる血圧低下、出血、心不全、ネフローゼ症候群、慢性肝疾患、腹部コンパーメント症候群、輸入細動脈の狭小化をきたす薬剤(NSAIDs、ACE阻害薬など)が挙げられます。

>> 続きを読む
ページトップへ