お気に入りに登録

【連載】褥瘡ケア あなたの疑問をズバリ解決!

発赤とは? 発赤と褥瘡を見分ける『ガラス板圧診法』『指押し法』って?

執筆 椎名 幸恵(しいな さちえ)

総合病院国保旭中央病院 皮膚・排泄ケア認定看護師

Np 1507jokuso hyoka

いざ褥瘡の患者を目の前にしたとき、経験不足から実践に迷いがあったり、ケアに自信が持てないこともあるでしょう。そこでここでは、褥瘡ケアで今さら聞けないギモンを取り上げ、解説します。


関連記事
第2回 発赤と“DTI”をどう見分ける?どうケアする?
発赤を見つけた! 急性期の褥瘡への対応とケア
第3回 褥瘡の状態を評価する 褥瘡の創評価DESIGN-Rについて
褥瘡とは?褥瘡の看護ケア|原因と分類、評価・予防・治療など

「d1褥瘡=持続する発赤」と「反応性充血」の見極めには、『ガラス板圧診法』または『指押し法』を活用します

褥瘡発生の初期は、発赤という皮膚の変化がみられることがほとんどですが、発赤の全てが褥瘡とは限らず、「一時的な発赤」といわれるものがあります。一時的な発赤とは、真皮深層の微小血管が拡張した状態であり「反応性充血」といいます。

そして、「d1褥瘡=持続する発赤」は、赤血球が血管外漏出した場合となります。発赤がある場合は、この2つを見極める必要があります。

褥瘡好発部位(骨突出部)に現れた発赤を褥瘡とするかどうかを判定する方法としては、『ガラス板圧診法』または『指押し法』が評価しやすいでしょう。

ガラス板圧診法・指押し法

『ガラス板圧診法』はガラス板、または透明プラスチック板を用いて、『指押し法』は示指で発赤部を軽く3秒ほど圧迫して、退色するか(白っぽく変化するか)どうかを確認するものです。

>> 続きを読む
ページトップへ