お気に入りに登録

【連載】褥瘡ケア あなたの疑問をズバリ解決!

デブリードマンとは? どんな創に行う? 5つの方法

執筆 椎名 幸恵(しいな さちえ)

総合病院国保旭中央病院 皮膚・排泄ケア認定看護師

Np 1507jokuso hyoka

いざ褥瘡の患者を目の前にしたとき、経験不足から実践に迷いがあったり、ケアに自信が持てないこともあるでしょう。そこでここでは、褥瘡ケアで今さら聞けないギモンを取り上げ、解説します。


【関連記事】
褥瘡の看護ケア|原因と分類、評価・予防・治療など
発赤を見つけた! 急性期の褥瘡への対応とケア
【褥瘡の評価】DESIGN-R(デザインアール)を用いた評価のコツ

デブリードマンとは? どんな創に行う?

創に壊死組織や感染がみられたら、創を浄化する治療行為としてデブリードマンを行います

デブリードマン(debridement)とは「壊死した組織を除去する」ことです。つまり、創の中に、死滅した組織、成長因子など創傷治癒促進因子の刺激に応答しなくなった老化した細胞、異物、さらにこれらにしばしば伴う細菌感染巣があった場合、それらを除去して創を清浄化する治療行為をいいます。

デブリードマンの種類と適応

デブリードマンには5つの方法があります。

>> 続きを読む
ページトップへ