お気に入りに登録

【連載】褥瘡ケア あなたの疑問をズバリ解決!

体位変換後、安楽な姿勢保持と除圧が行える適切なポジショニングは?

執筆 石川 環(いしかわ たまき)

岩手県立大学大学院看護学研究科 博士前期課程

Np 1507jokuso possition

体圧分散、ずれ・摩擦対策は、褥瘡を予防するためには欠かせません。ここでは、毎日行うなかで疑問に思うことやケアのコツを解説します。


関連記事
ポジショニングを行うときの6つの注意点

ポイントは適切なクッションを複数使用し、体型や好みに応じた姿勢をとることです

褥瘡予防を目的に体位変換を行いますが、その際、安楽な体位でなければ姿勢が崩れてしまい、ずれ力が発生してしまいます。そのため、ポジショニングのポイントは、体位変換後に身体がずれないような安楽な姿勢を保持することです。

ポジショニングには、仰臥位や坐位時の姿勢保持がありますが、ここでは体位変換後、安楽なポジショニングのための側臥位のポイントについて説明します。

1.適切なクッションを選択する

クッションにはさまざまな大きさがありますが、背部や下肢に使用するクッションは全体を支えられる十分な大きさのものを選択します。

また、柔らか過ぎる素材は身体を支持しようとしても安定しないため、少し硬めでしっかりとした素材のものを使用します。

近年では、坐位保持がしやすいように、エアマットレスの両端がウレタン素材になっているハイブリット型の製品も販売されているため、状況に応じてそのようなマットレスを使用することも新たな選択肢のひとつとなっています。

2.複数のクッションを使用する

側臥位にした際、背中だけにクッションを挿入し姿勢を保持しようとすると、重力の影響で骨盤や胸郭に捻じれが生じます。骨盤がゆがむと脊柱にも影響が及び、安楽の姿勢は保持できません。

そのため、背部と下肢にクッションを使用し、さらに下肢が浮かないよう複数のクッションを使用します。

3.体型や好みに応じた側臥位を選択する

個人が好む体位があるため、安楽な姿勢は個々によって異なります。そのため、一概にどのような姿勢ということではなく、最終的には「患者さんにとって安楽か?」を確認することが重要です。

よって、高い体圧が避けられないような状況であれば、低圧保持が可能な高機能の体圧分散マットレスを使用します。

(『ナース専科マガジン』2015年7月号から改変利用)


関連記事
* ポジショニングを行うときの6つの注意点
* 褥瘡とは?褥瘡の看護ケア|原因と分類、評価・予防・治療など

ナースプレスリンク