お気に入りに登録

【連載】山内先生の公開カンファランス

第14回 胃部不快感を訴える、在宅療養中の患者さん(その3)

解説 山内豊明

名古屋大学大学院医学系研究科 教授 医学博士/看護学博士/医師/看護師/保健師/米国・登録看護師、診療看護師

0ad95f73653269e1502329658b14524e

前回記事はこちら
胃部不快感を訴える、在宅療養中の患者さん(その1)
胃部不快感を訴える、在宅療養中の患者さん(その2)


事例つづき

訪問時点で患者さんの脈拍は48回/分。腹痛・腹部膨満はなし。身体の痛みや肩こりなどの有無を確認すると、肩こりは以前からあるが、増強はなし。排便状況は、前日の昼間、坐薬と摘便にて軟便を大量に出していました。

→あなたなら、どうする?


山内先生の解説を先に読みたい方はこちら
山内先生の解説


みんなの回答

この事例のつづきを読んで、患者さんがどのような状態にあるのか、なぜそう推測したのかを聞きました。回答者数は58人。

どのような状態にあるのか?なぜそう推測したか

「どのような状態にあると推測したか→そう推測した理由」という順番で掲載します。

●排便コントロールゆえに、脱水を起こしている。
→軟便を多量に排出した結果、水分不足が生じていると考えた。(まいさん)

●排便によるショック、脱水。
→大量の排便があったため。(あーさん)

●心筋梗塞・心不全悪化。
→排便状態は問題なし。腹部状態も問題なし。「気持ち悪い」・「脈拍48回/分」は明らかに徐脈と、心機能低下の可能性があると思った。(匿名さん)

>> 続きを読む