お気に入りに登録

【連載】褥瘡ケア あなたの疑問をズバリ解決!

褥瘡の栄養状態をアセスメントするための血液データ・観察項目は?

執筆 石川 環(いしかわ たまき)

岩手県立大学大学院看護学研究科 博士前期課程

褥瘡の予防・治癒促進に欠かせない栄養管理。ここでは栄養状態の観察・アセスメント、栄養補助食品の選び方などをわかりやすく解説します。


関連記事
褥瘡治癒のための適切な栄養補助食品の選び方は?
胃瘻・経管栄養患者さんって褥瘡と関係があるの?
褥瘡とは?褥瘡の看護ケア|原因と分類、評価・予防・治療など

Q1 褥瘡の栄養状態をアセスメントするための血液検査の項目は?

創の状態と血液検査を総合的に評価しよう

スクリーニングにより低栄養状態であることを確認したら、栄養サポートを行います。

栄養サポートチーム(NST)が存在する施設では、連携して患者さんに適切な栄養管理を行います。

患者さんに最も近い看護師は、患者さんの変化をいち早く把握することができるため、チームに任せるだけでなく、最新の情報を提供する重要な役割を担いましょう。

栄養サポートを開始したら、定期的にモニタリングして評価し、補正を行っていきます。

褥瘡がある患者さんの場合には、創の状態も観察します。肉芽の色が薄く、不良肉芽があれば、低栄養状態が継続していると判断します。

蛋白異化亢進状態に注意しよう

褥瘡の改善には蛋白質の補給が必要ですが、過剰に補給すると腎臓に負担がかかってしまいます。

そのため、褥瘡改善のための蛋白質補給のバランスは、腎機能を見て判断します。

>> 続きを読む
ページトップへ