お気に入りに登録

【連載】月刊 小林光恵新聞

月刊 小林光恵新聞【第12号】地域医療では白衣姿もよいのでは?

執筆 小林光恵

エンゼルメイク研究会 代表

Mitue

A2 150x150

看護師、出版社編集者を経てフリーの著述家に。看護の経験を活かした作品を中心にリリースしている。『おたんこナース(原著、小学館)』、『ドラマ・ナースマン(原案小説、角川書店)』『エンゼルメイクQ&A(医学書院)』など。
ホームページはこちら

今月は、地域医療では白衣姿もよいのでは?と、「突撃! ナースの帰省⑫」をお送りします。

第11回 アイスクリーム専門店を次の院内出店候補に! はコチラ


小林光恵の視点

白衣高血圧症が象徴するように、医療者の白衣姿はそのイメージが医療の受け手に緊張感を与えてしまう場合があります。

医療の受け手にとって、病院などの施設はアウェイです。そのアウェイという場が不安や緊張を生みやすいために、白衣のイメージがマイナス側に向いてしまう面があるのではないでしょうか。

一方、自宅などのホームでは、自らのテリトリーであり日常の空間ですから、その領域にいる安心感などが関係して、白衣も「安心感」「信頼感」などプラスのイメージにつながりやすいのではないでしょうか(白衣高血圧も、アウェイとホームで比較測定をしてみたら差が出るのではないかしら)。

ちなみに、白衣着用で接客する有名な外国の化粧品会社をはじめとして、白衣のプラスイメージを利用している業種は少なくないですね。最近では「靴修理」や「合鍵作成」のショップでも「靴のお医者さん」をコンセプトに白衣を制服にしているところがあるようです。

イギリスでは、2007年から国営病院に勤務している医師や看護師の白衣着用が禁止されています。

>> 続きを読む