お気に入りに登録

【連載】ナースのための社会人マナー

【看護師のマナー】第4回 相手が見えない電話でも

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

2013 ns logo tate format rgb     03 min

Admin ajax.php

表情でフォローできない分うかつな対応が命取りに

じかに相手と向き合っているときは、ちょっとくらい口調がぶっきらぼうでも、表情やジェスチャーで何とかフォローできます。

ところが、お互いの姿が見えない電話だと、頼りになるのはあなたの話し方だけ。
この状況でつっけんどんな対応をすると、それだけが伝わってしまい、相手に悪い印象を与えてしまいます。

特に会ったことがない人なら、その影響の強さは、あなたが想像している以上のもの。
「何? この人。イヤな感じ!」と受け取られてしまうこともあります。

「電話は顔が見えないから」と油断しがちです。
でも、実際は話す人の気持ちがそのまま声の表情になって、思いのほかストレートに伝わっているのです。

笑顔と声のトーンで気持ちを伝えて

お互いの顔が見えない電話のやり取りは、声だけが交流の命運を握っています。

>> 続きを読む
ページトップへ