お気に入りに登録

【連載】やってみよう! フットケア

第1回 自分の足、見てますか? フットケアで思い浮べることって?

執筆 山口晴美

NANA NURSING THERAPY代表・看護師

「フットケア」の連載を担当させていただくことになりました、山口晴美です。

私が看護学校を卒業したのは30ん年前ですが授業に「フットケア」なんて言葉もあったかどうか記憶にありません。

患者さんの清潔ケアの中に「爪切り」、「足浴」があったのは確かです。今では「フットケア」として存在し、糖尿病のとか、高齢者のとか細分されてきました。

フットケアの必要性はわかるけど「どうしてよいかわからない」「難しくてできない」「どこまでやるの?」と思っておられる皆様にわかりやすく、行いやすくお伝えしたいと思います。ご自身や患者さんへの引き出しのひとつとなれば幸いです。


フットケアで思い浮べることって?

まず、はじめにフットケアって何をすることだと思いますか?

観察・足浴・爪切り・トラブルケア・予防的指導・マッサージ?…たくさんあります。

患者さんもフットケアと言われてもあまり理解されていないようで、する側、される側の認識はまだまだ統一されていないようです。

近年、糖尿病患者さんや高齢者に対してのフットケアが注目され、たくさんの情報が得られるようになりました。情報がありすぎて迷うこともありますね。

私は14年前に初めて医師が行っている糖尿病患者さんのフットケアの研修会に参加して実践されている内容を知りました。それは治療が主な目的で壊疽、創傷、巻き爪、白癬、胼胝、鶏眼、整形靴の作成などでした。

>> 続きを読む
ページトップへ