お気に入りに登録

【連載】ナースのための社会人マナー

【看護師のマナー】第26回 職場でのコミュニケーションの取り方

監修 竹股喜代子

亀田総合病院 前看護部長

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

2013 ns logo tate format rgb     03 min

Mana ajax.php

新人ナースのための社会人マナーブック。今回は「医師・他の医療職種とのコミュニケーション」についてお話します。


医師・他の医療職種とのコミュニケーションは積極的に

ナースの仕事は、病院内で働く多くの人たちとかかわり合って進んでいきます。そのなかでも、仕事をしていくうえで、医師とのコミュニケーションは必要不可欠です。

医師は、診断や治療を進めていくうえで、さまざまな指示を出していきます。そこでお互いが上手にコミュニケーションを取っていかなければ、仕事もスムーズに進みません。

近年では様々な医療職種が患者さんを中心に協働・連携して医療を行っています。コミュニケーション不足が原因で、ミスや時間のロスを生んでしまうことも、少なくないのです。

なかには、ウマの合わないひともいるかもしれませんが、まずは仕事優先です。人の好き嫌いで態度・行動が左右されるのは、プロではありません。いちばん影響を受けるのは、患者さんであることを忘れないでください。

>> 続きを読む