お気に入りに登録

【連載】Dr.パクのドタバタ離島医療奮闘記

第3回  初めてのドクターヘリ

執筆 朴 大昊(ぱく てほ)

鳥取大学医学部地域医療学講座 助教

Np drpaku pic

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。

本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提供する「へき地医療」を通じ、“究極のプライマリ・ケア”と地域医療の実際を解説します。


離島医療といえばヘリ搬送

波照間島も例に漏れず、島で手に負えない急患が発生したらドクターヘリ=ヘリ搬送を行っていました。

ドクターヘリの写真

ではいったい、どういった患者さんがヘリ搬送されていたのでしょう?

中年男性の心筋梗塞や大動脈解離なら…通常はヘリ搬送でしょう。

脊髄損傷や四肢切断などは…ヘリ搬送でしょう。

では、敗血症では?心不全では?虫垂炎では?

華々しいイメージのヘリ搬送ですが、実はここには様々な要素が絡んでおり、離島医療の複雑さを端的に示しているともいえるのです。

あなたならこの患者さん、ヘリ搬送しますか?

先ほど心筋梗塞ならヘリ搬送と書きました。 40歳男性で、幼い子供がいて、これから家族を養っていく、親の介護もしている、まだまだ人生これからだ!という人なら間違いなくヘリ搬送でしょう。

では波照間島で生まれ育ち、若い頃から島の発展のために尽力し、「死んでも島を離れない」と言っていた100歳のおばぁが最近だんだん弱ってきて、食事の経口摂取量も減ってきて、当時のような強い意見は言わなくなったなぁと思っていたところ、嘔吐して診療所に運ばれて、心筋梗塞が強く疑われた場合はどうしますか?

>> 続きを読む
ページトップへ