お気に入りに登録

【連載】ナースのための社会人マナー

【看護師のマナー】第32回 患者さん・ご家族とのコミュニケーションを築く

監修 永井三枝

亀田総合病院 師長

監修 竹股喜代子

亀田総合病院 前看護部長

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

新人ナースのための社会人マナーブック。今回は、「患者さんとのコミュニケーションを築く」についてお話します。


患者さんとのコミュニケーションを築く

初対面で注意をすること

明るい笑顔と挨拶が基本

入院となると、患者さんの心は不安と緊張でいっぱいです。そんな状況のなかで、初めて会った担当ナースに、そっけない態度や事務的な態度をとられたら、どんなふうに感じるでしょうか? 

ただでさえ不安な入院なのに、治療に対しても不安感と不信感をつのらせ、その後、心を閉ざしてしまうかもしれません。

初対面の人に声をかけるのが苦手な人もいるでしょう。でも、患者さんは入院という特別な状況にいるのです。右も左もわからず、緊張していますから、自分からナースに声をかけることなどできないでしょう。

まずはナースが笑顔で迎え、明るく挨拶。そして自己紹介をしましょう。ナースの笑顔は、きっと患者さんや家族の緊張を、やわらげることができるはずです。

>> 続きを読む
ページトップへ