お気に入りに登録

【連載】ナースのための社会人マナー

【看護師のマナー】第34回 ちょっと困った(わがままな)患者さんと接するときは?

監修 永井三枝

亀田総合病院 師長

監修 竹股喜代子

亀田総合病院 前看護部長

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

新人ナースのための社会人マナーブック。今回は「ちょっと困った患者さんと接するとき」についてお話します。


▼看護師のコミュニケーションとマナーについて、まとめて読むならコチラ
看護師のコミュニケーションとマナー


患者さんのつらい気持ちを理解する

 人間の行動には、何らかの理由があります。他者が困ったと思う行動にも、本人にすれば何か理由があるわけです。特に患者さんというのは、病気のために苦痛や不快感、予後に対する不安を抱えています。そういったことが、いらだちや怒りとなって、ナースに向けられる場合もしばしばあります。「困ったな」と思う気持ちはわかりますが、相手は病気であるという状況を考えて、対応することが大切です。

 患者さんの訴えをよく聞いて、受け入れる気持ちで接しましょう。もしかすると、その困った言動は、原因があって、それに気づいてほしいというサインなのかもしれません。そういったことにも気を配ることができてこそ、プロのナースといえるのです。

 では、その患者さんにきちんと納得してもらうには、どんなふうに接したらよいのでしょうか? 
>> 続きを読む

ページトップへ