お気に入りに登録

【連載】ナースのための社会人マナー

【看護師のマナー】第36回 ナースの禁句

監修 永井三枝

亀田総合病院 師長

監修 竹股喜代子

亀田総合病院 前看護部長

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

新人ナースのための社会人マナーブック。今回は「ナースの禁句」についてお話します。


ナースの禁句

ナースには、仕事がら言ってはいけない言葉「禁句」があります。患者さんを傷つけたり、不安にさせてしまう言葉は、使わないように心がけましょう。

1.「ちょっと待って」「あとで」
忙しさのあまり、つい言ってしまいがちな言葉です。患者さんはいつも首を長くしてナースを待っています。
待ってもらうにしても、待ってもらう理由や、何分後に来るなどをきちんと伝えるようにしましょう。

2.「頑張って」
患者さんのなかには、自分の病気の予後を受容しきれていない方、鬱状態にある方も少なくありません。
そんな患者さんに安易に「頑張って」と励ますのではなく、患者さんの状況を十分理解した上で言葉を選びましょう。

>> 続きを読む
ページトップへ