お気に入りに登録

【連載】ナースのための社会人マナー

【看護師のマナー】第37回 申し送りはポイントを絞り、簡潔に

監修 永井三枝

亀田総合病院 師長

監修 竹股喜代子

亀田総合病院 前看護部長

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

新人ナースのための社会人マナーブック。今回は「申し送りはポイントを絞り、簡潔に」についてお話します。


よい申し送りができる人こそ、できるナースです

看護は24時間体制で行われますが、ひとりのナースが24時間看護をし続けることは、現実的に不可能です。

そのため、交替制で勤務しているわけですが「適切な看護を継続して行う」ため、前の勤務者から次の勤務者に、患者さんの状態について報告をするのが「申し送り」です。

最近では、廃止しているところもありますが、新人にとっては、先輩の申し送りを見るだけでも、看護の大切なポイントや、ポイントの絞り方を知ることができる、勉強の場になります。

最初のうちは、先輩たちの姿を見て、「よい申し送り」とはどういうものなのか、学ぶことも大切でしょう。

では、どんな申し送りがよいのでしょうか? 

>> 続きを読む
ページトップへ