お気に入りに登録

【連載】ナースに英語は必要かしら?

第1回 ナースといまどきの英語教育

執筆 佐藤まりこ

米国RN(Registered Nurse)

国際化の時代、看護師にも英語は必要でしょうか? 移住者や観光客が増えているから、というのはもちろん、実はそれ以上に、看護師に英語が必要なワケがあるのです。看護師と英語の深ーい関係を、英語教育の現状に触れながら、解き明かしていきます。


教育現場に広がる「英語熱」

皆さんは、「英語熱」という言葉をご存じでしょうか? 

「英語熱」とは、より良い高等教育のため、将来のキャリアアップにつなげるため過熱する英語教育をいい、日本を含むアジア諸国で一種の社会現象となっています。

習い事ランキング11年連続不動の第1位、進む英語教育の低年齢化は、日本に広がる英語熱のほんの一例といえるでしょう。

看護の分野も例外ではありません。

看護大学・看護学校の90%以上が入試に英語を必須とし、入学後も必修科目としてカリキュラムに含まれるほど、英語は重要視されています。しかし、実際の医療現場で外国人相手に英語を使う機会は、めったにないのが現状ではないでしょうか。
>> 続きを読む

ページトップへ