お気に入りに登録

【連載】ナースに英語は必要かしら?

第2回 的を射た英語教育への異論

執筆 佐藤まりこ

米国RN(Registered Nurse)

国際化の時代、看護師にも英語は必要でしょうか? 移住者や観光客が増えているから、というのはもちろん、実はそれ以上に、看護師に英語が必要なワケがあるのです。看護師と英語の深ーい関係を、英語教育の現状に触れながら、解き明かしていきます。


「英語は勉強するな」のもっともな理由

英語熱が広がる中、この社会の動きに「待った」を唱えるべく「英語を学ぶな!」という声も耳にします。

その主な理由として挙がるのは、

  1. 英語がなくても生活できる
  2. 普段使わないものに、お金と時間をかけるのはもったいない
  3. 早いうちから英語の苦手意識を植え付ける
  4. もっと先に学ぶべきものがある

確かに、グローバル社会が叫ばれる現在の日本であっても、全く英語ができないままで問題なく生活はできるでしょう。

『日本人の9割に英語はいらない』(祥伝社刊)の著者、成毛眞氏は、9割の日本人が英語を必要としない社会で生活しているという統計データを算出しています。

>> 続きを読む
ページトップへ