お気に入りに登録

【連載】これで対応に困らない! せん妄の基本

第7回 せん妄を見逃さないためには?③うつ病との見分け方

執筆 井上 真一郎(いのうえ しんいちろう)

岡山大学病院精神科神経科 助教

 大きな手術後やがんの終末期などに極めて高頻度にみられる「せん妄」。せん妄は、注意力や意識が低下することで患者さんが転倒・転落したり、幻覚が見えて暴れたりと治療を大きく阻害するものです。特に低活動型のせん妄は見落としがち。本連載ではそんなせん妄へのアプローチ法をやさしく解説します。


▼せん妄についてまとめて読むならコチラ
せん妄とは? せん妄の症状と看護


 今春から外科病棟に配属された看護師のAさん。担当患者さんが手術後にせん妄を発症してしまい、日夜悪戦苦闘・・・。これを機に、せん妄について体系的に勉強したいと考えています。

せん妄とうつ病の違いって?

看護師Aさん:「今回のテーマは『うつ病との見分け方』ですね。せん妄とうつ病は全然違うように思うのですが、実際間違われることがあるのでしょうか?」

井上先生:「まずはそこから説明しましょう。前に低活動型せん妄について勉強したと思います。低活動型せん妄ではどのような症状があったか、覚えていますか?」

看護師Aさん:「無関心や動作緩慢といった症状だったと思います」

井上先生:「よく覚えていましたね。でも、考えてみると、それらの症状はうつ病でもみられませんか?」

看護師Aさん:「確かにそうですね。活動性が落ちたり、集中力が低下するといったことも、低活動型せん妄とうつ病に共通した症状でしょうか」

井上先生:「その通りです。では、鑑別のポイントはどこでしょうか?」

看護師Aさん:「難しいですね。例えば、気分の落ち込みがあるかどうかで判断するというのはどうでしょう?」

井上先生:「それはよいところに気がつきましたね。うつ病の場合は抑うつ気分や悲哀感がみられることが多いのに対して、低活動型せん妄はいわば「困惑」といった感情を呈することが多いようです。そのほか、低活動型せん妄とうつ病の違いについては次の表の通りです」
>> 続きを読む

ページトップへ