お気に入りに登録

【連載】泣いて笑って訪問看護

第7回 『訪問看護とターミナルケア』―入浴介助の願い

執筆 川上 加奈子(かわかみ かなこ)

株式会社のものも よつば訪問看護リハビリステーション 看護主任

医療の場が在宅へと比重が高まるものの、まだまだ知られていない訪問看護。ここでは訪問看護の実際について、エピソードを通じてご紹介します。


どうしてもお風呂に入りたい! その時ナースのとった行動とは

一般的に、血圧が70台、酸素も不安定で呼吸状態が悪いとなれば、入浴の許可はおりないのが普通であろう。

しかし、ターミナルの方の入浴介助に関しては、医師により指示が異なってくる場合も多い。
死ぬ前にどうしてもお風呂に入りたい、あるいは入れてあげたいという希望があれば、例えバイタルがあり得ない数値であったとしても、そのままご帰天される可能性も説明した上で、許可が出ることもある。

今回のケースは、92歳のおばあちゃん。もう10年以上風呂に入っておらず、それこそ死ぬ前にどうしてもお風呂に入りたいと訴えたそうだ。

お金がなくて訪問入浴のサービスさえ利用できない上に、とても歩ける状態ではない。仙骨部はひどい褥瘡で痛みも強い。

さて、どうしたものかと考えた末にとった先輩ナースの行動は、ベビープールを利用しての入浴だったという。

ベッドサイドに防水シートをしき、2人の看護師でバケツリレーでお湯を溜め込む。ベビープールは浅いため、仙骨があたってもなるべく痛くないようにと底にはタオルを敷いたとか。

汗だくで、2人の看護師で抱えるようにしてベビープールに浸らせてあげると、お尻が痛い!と叫びながらも、その利用者様は「なんて気持ちいいんだろうねえ…気持ちいいねえ…」と何度も何度も繰り返されていたとのこと。

蓄積された垢は当然一回ではおとせるはずもなく、「○さん、また次の時に洗おうね!」と会話していたのが最後になったそうだ。

「あの時の嬉しそうな顔は忘れられないよ。本当に幸せそうだった。あんなことができるのは訪問ならではだね(笑)」と先輩ナースは目を細め、少し寂しそうに笑った。

※続いては、「残された時間を、その人らしく過ごすために」です。
>> 続きを読む

ページトップへ