【連載】Newsのツボ

アレルギー疾患の診断技術の進歩と治療の課題

解説 竹内聡美

日本橋内科・アレルギー科クリニック院長/医学博士

日本小児アレルギー学会が、アレルギーの症状の一覧表を作成し、公表しています。今回は、これに関連して、現在のアレルギー疾患には、どのようなものがあるのかを解説します。


そもそもアレルギー疾患とは?増加・多様化するアレルギー疾患

体内に侵入した異物(抗原=アレルゲン)に対し、免疫細胞が抗体や感作リンパ球をつくり、再侵入時の影響をなくそうとする働きが免疫反応です。

しかし、特定のアレルゲンについては、この免疫反応が障害を起こすことがあります。

これをアレルギー、その病態群をアレルギー疾患といいます。

近年、アレルギー疾患の患者さんは増え続けています。アレルギー鼻炎とともに患者数のトップを占める花粉症に至っては、その数は2500万人ともいわれます。

さらに病態も多様化しており、次のような疾患・症状が話題として挙げられます。

成人の食物アレルギー

成人になってから食物アレルギーを発症するケースが増えています。アレルゲンとしては小麦や甲殻類が多く、本人が自覚していないこともあります。アナフィラキシー症状は起こりますが、アレルゲンは明確に特定できない場合があります。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

特定の食べ物を食べてから運動を行うと起こるアナフィラキシー症状です。少し前に問題になった洗顔石けんによる小麦アレルギーが、このアナフィラキシーにあたります。直接食べたのではなく、洗顔時に粘膜や目などから侵入したアレルゲンが、運動によって吸収の度合いが変わり、アレルギー反応を起こすというもの。食物アレルギーに発展することは少なくありません。

ラテックスアレルギー

天然ゴムに含まれるラテックスに反応するアレルギーです。ラテックスは、医療用手袋、カテーテル、絆創膏などにも含まれており、医療従事者や、高頻度で尿道カテーテルを使用している人(患者)での発症者が多くなっています。ラテックスと似た蛋白質を含むバナナやマンゴー、アボカドなどで反応が起こることもあります。

さまざまな治療法があるなか、継続できるかどうかが鍵となる

上記で解説したような状況に呼応して、アレルギー疾患に対する診断技術も進歩しています。

例えば、小麦に対して陰性を示しアレルゲンが不明だった患者さんが、グルテンやオメガファイブグリアジンなど、より細かい小麦の構成蛋白に対応する検査が可能になったことから、アレルゲンが特定されるようになりました。

また新たな治療法として、スギ花粉に対する舌下減感作療法が保険適用に向けての動きをみせています。

減感作療法とは、アレルゲンをほんの少しずつ体内に入れ、徐々に増やすことで過敏な反応(アレルギー)を軽減しようという免疫療法。これまでは、注射によって行われてきましたが(保険適用)、舌下減感作療法では、スギ花粉のエキスを舌下から吸収させて行います。

いずれも約2年と長期間を要しますが、舌下減感作療法の場合、通院回数が少なく、痛みも伴わないため、患者さんにとって負担の少ない治療法といえるでしょう。

当院でも、40~50人の患者さんが同療法を行い(保険外診療)、8~9割の方が効果を上げています。現在、ハウスダストの舌下減感作も治験が始まっています(当院でも行っています)。

また、今回のニュースに取り上げられているエピペン®(アナフィラキシー症状の進行を一時的に緩和しショックを防ぐ)についても、これまで1本のみだった保険適用が、2本目も認められるようになる動きがあります。

しかし、罹患歴が長く、なかなか根治が見込めないというアレルギー疾患の特徴から、その治療には継続が難しいという側面もあります。

アトピー性皮膚炎の患者さんが症状に大きな変化がないからと軟膏の塗布をやめてしまう、気管支喘息の患者さんが症状が治まったからと吸入療法を停止してしまうなどの例は少なくありません。

アレルギー疾患の中には、気管支喘息や食物アレルギーなど致死的状況を招くものもあることから、いかに継続してもらうかが課題の一つとなっています。

安全な治療・看護を行うために

医療施設でも、アレルギーの既往を持つ人が別疾患で外来通院・入院することが増えているのではないでしょうか。そこで、看護師の皆さんには心掛けてほしいことがあります。

 それは、患者さんの情報収集です。アナムネでは薬剤アレルギーに対しての質問は行われるのですが、その他のアレルギーについてはどうでしょう。ここでアレルギー疾患の有無を確認するかが、その後の治療の安全に影響します。

 薬剤、特に鎮痛薬は、気管支喘息の発作を助長したり、食物アレルギーや花粉症の症状を強めます。また、リンゴや桃で口中にかゆみが出る口腔アレルギー症候群の場合はアナフィラキシー症状を起こしやすい傾向があります。スギやヒノキによる花粉症の場合は、メロン、パイナップル、キウイ、クルミなどによる食物アレルギー症状を起こす可能性があります。
 患者さんのアレルギー情報を把握していれば、このような可能性を予測して、患者さんの安全を守りながら、その後の治療・看護を進めることができます。日常看護の中で、ぜひこのことを頭の片隅に置いてほしいと思います。

ナース専科コミュニティの会員のみなさんに聞きました。

Nurse's Comments

●アレルギーがあることによる生活への支障は想像以上にあると感じます。疾患の治療とともに、患者さんの生活背景や周囲の理解を促すケアが必要だと思います。(愛知県 かず)

●アレルギーには自身の免疫機能が関係し、それは生育環境によっても差が出る。近年喘息などアレルギー疾患を基礎疾患に持つ人が増えているが、過度に清潔な環境で育つことも原因の1つなのでは。(埼玉県 ちなつ)

●自己免疫を含めアレルギーはさまざまな症状や状態を引き起こします。人によって治療や経過も多様で、生活環境を変えなければならないこともあります。看護師としてどのようなかかわりができるのか関心があります。(東京都 キキララ)

●皮膚アレルギーの患者さんが、かゆくて掻くため、状態がひどくなって大変でした。患者さんには認知症があり、どうすればよいかわからなかったのです。(大阪府 ぴろ)

●アルコールアレルギーに対しては、非アルコール性のものが備えられているが、ラテックスやキシロカインなどについては、代用物品や代用薬が採用されておらず、対応に苦慮したことがありました。(埼玉県 匿名希望)

●アレルギー性疾患の患者さんに生活指導を行っても、実際は守ることが難しく、繰り返し憎悪する人が多い。(鹿児島県 ちい)

●妊娠中の生活が子どものアレルギーに影響があるのか気になります。(京都府 まろん)

(『ナース専科マガジン』2013年10月号より転載)

ページトップへ