お気に入りに登録

【連載】泣いて笑って訪問看護

第11回 『歩けた!』―腸閉塞からの寝たきりへの介入

執筆 川上 加奈子(かわかみ かなこ)

株式会社のものも よつば訪問看護リハビリステーション 看護主任

Kawakami02

Np 218772 icon2

医療の場が在宅へと比重が高まるものの、まだまだ知られていない訪問看護。ここでは訪問看護の実際について、エピソードを通じてご紹介します。


腸閉塞、食べられない、そして寝たきりに…

Yさんとの出会いは、3年前。
腸閉塞を繰り返されていたことから、退院時、医師から訪問看護の依頼が入ったことがきっかけであった。

訪問看護導入時は、作ることと食べることが大好きで、暇さえあれば、しょっちゅう台所に立たれている方だった。
しかし、ちょっと食べてはイレウスを繰り返すうちに、食事だけではまともに栄養を取れなくなっていかれた。
かといって、高カロリーのドリンクを飲むと、今度は濃度が濃すぎてお腹が張ってしまい吐いてしまう…。

そんなことを繰り返されるうちに、徐々に低栄養、脱水は進み、体力はみるみるうちに低下。
大好きな台所に立つこともままならなくなり、ある日室内で転倒され肉離れに…。

そして、その肉離れこそが、寝たきりの生活への第一歩となってしまったのである。

食べられない、寝たきりとなれば、当然のように床擦れはやってきて悪化していくばかり。
「寝たきりになんてなりたくない。自分の脚で歩いてトイレに行きたい」
そんな思いとは裏腹に、下肢の筋力は歩かないことで哀しいほど早いスピードで落ちていった。

>> 続きを読む
ページトップへ