お気に入りに登録

【連載】ナースに英語は必要かしら?

第9回 看護学科新設ラッシュは何をもたらすか?

執筆 佐藤まりこ

米国RN(Registered Nurse)

814cd74c3ae27caa0d8cf30ac06948db

国際化の時代、看護師にも英語は必要でしょうか? 移住者や観光客が増えているから、というのはもちろん、実はそれ以上に、看護師に英語が必要なワケがあるのです。看護師と英語の深ーい関係を、英語教育の現状に触れながら、解き明かしていきます。


看護学科新設ラッシュの背景

「看護学科新設ラッシュ」が話題になっています。

看護学科のある大学は、10年間で約2倍の226校(2014年度)まで増加し、2015年度も10校以上が開設しました。

こうした背景には、私立大学の4割が定員割れという現状があります。大学側にとって、人気のある看護学科は、学生を確実に集められるおいしい市場であり、救いの神でもあるといっていいでしょう。

実はこうした「看護学科新設ラッシュ」はすでにアメリカ全土でブームとなった過去があり、「教育は奉仕活動ではない。ビジネスだ!」と改めて世間に知らしめることになりました。

アメリカで戦略的に行われた教育ビジネスの一例をここで紹介しましょう。
>> 続きを読む