お気に入りに登録

【連載】知っておきたい!ナースのための母乳育児&支援

第4回 授乳中の不安・母乳育児ができない不安にお答えします!①服薬は中止すべき?

執筆 水野 克己(みずの かつみ)

昭和大学江東豊洲病院小児内科 教授 同病院こどもセンター センター長。国際認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)

Np mizuno katsumi

Np mizuno katsumi pic

本連載では、医療人として、母親として理解しておきたい母乳育児について、第一人者である水野克己先生が解説します。


薬はのんでもいいの?

母乳は新生児~乳児にとって最良の栄養です。

授乳中の母親は薬を処方されても、授乳を控えるように言われると、言われた通りに授乳を控えて人工乳を哺乳ビンで与えるか、逆に薬をのまずに授乳を続けることもあります。

医療者が医薬品添付文書に従って薬の説明を行うことはごく普通のことです。さらには処方薬局でも添付文書に従った説明書を渡されます。

添付文書では、「授乳婦への投与」に記載のある薬剤の中で、「投与中は授乳を中止させる」と「授乳を避けさせる」が大半を占めます。つまり、授乳中の母親が自分の病気を治したり、症状を楽にすることは一時的にせよ“人工乳を哺乳ビンで与える”ことを意味することになるのです。

医薬品添付文書では、“人工乳と母乳は同等”という前提に基づいているため、例えラットの乳汁中にごくわずかでも薬が移行するならば、母乳よりも人工乳を与えるほうが児の健康上望ましいという判断になるのです。

ここにはいくつか疑問点がありますね。

>> 続きを読む
ページトップへ