お気に入りに登録

【連載】看護に役立つ生理学

第30回 静止膜電位はカリウムの平衡電位に近い

執筆 梵天ゆとり(ぼんてん・ゆとり)

医師、日本医学放射線学会会員

興奮していないときの膜電位はどうなっている?

前回は、活動電位を「普段の状態からの電位差の変化」と考え、興奮していないとき(静止時)の膜電位には触れずに説明してきました。

実は、静止時の膜の内外の電位差はゼロではありません。既に述べたように、細胞内のNaイオンは細胞外よりはるかに低濃度ですが、だから膜内の電位のほうが低い、などと考えてはいけません。

体液にはNaの他にも多種多様のイオンがあり、すべての陽イオンと陰イオンを勘定に入れれば、細胞の内外はともに電気的にほぼ中性です。

ただ、この「トータルで見た電荷の分布」が、膜のごく近くでわずかに偏っているために、膜をはさんで電位差が生じるのです。では、静止時の膜電位は実際にどうなっているのでしょうか?

>> 続きを読む
ページトップへ