お気に入りに登録

【連載】Dr.パクのドタバタ離島医療奮闘記

第10回 離島や地方の医療は遅れているか?-遠隔医療の実際

執筆 朴 大昊(ぱく てほ)

鳥取大学医学部地域医療学講座 助教

Np drpaku pic

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。

本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提供する「へき地医療」を通じ、“究極のプライマリ・ケア”と地域医療の実際を解説します。


地方や離島での医療は“遅れている”!?

孤独な離島で診療していると、よく、“最先端の医学から遅れる”と指摘されることがあります。実はここにも大きな誤解があるように思います。

確かに離島では、医学を学ぶ上で不足を感じる時もあります。それは何と言っても先輩の経験をベースにした医療が学べないという点です。特に様々な手技は見たこと、やったことがなければ、島で教科書を読んでもなかなか一人で実施することはできませんでした。

島に赴任する前によく「お前のレベルが島の医療レベル」と言われたものですが、まさにその通りでした。自分がその手技をできないならば、島では誰も治療できず、中核離島に紹介するしかないのです。

>> 続きを読む